代表的な防水工事施工例

塩ビシート防水工事

機械的固定法は耐風圧安全性能が高く、可塑剤の揮散・浸出が少なく、長期間日光暴露しても変質しません。湿潤下地に施工可能で意匠性が良く、燃えにくい性質で尚且つ自己消化性があります。露出防水で仕上げた屋根や屋上はカラスなどの鳥類によって被害が出たりしますが塩ビシートではそれが起こりません。

塩ビシート防水工事(サンタックIBシート)
塩ビシート防水工事(サンタックIBシート)

ポリマーセメント系塗膜防水(密着工法・通気緩衝工法)

下地に多少の湿気があっても施工可能で難燃性である為、燃え難く安全です。水性系なので溶剤は一切使用していません。

ポリマーセメント系塗膜防水(密着工法・通気緩衝工法)

ウレタン防水(密着工法・通気緩衝工法)

ウレタン防水工事(密着工法・通気緩衝工法)例

液体上のウレタン樹脂を塗りつけ塗布した材料が化学反応して固まる(硬化)事によりゴム状で弾性、一体性のある防水膜を形成します。下地の形状に馴染みやすく複雑な形状をした場所でもシームレスで継ぎ目のない防水膜を形成し水密性の高い連続被膜を形成します。熱帯の酷暑や、寒冷地の酷寒にも耐えられるウレタンを防水に使用するので屋根の雨漏り修理やビルの改修防水工事に適しています。密着工法・通気緩衝工法があり、下地の状態や使用用途で変わります。

FRP防水工事【新設工事・メンテナンス(改修)工事】(密着工法・通気緩衝工法)

※FRPとは…繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)の略称で”ガラス繊維等の強化材(補強材)で補強されたプラスチック
強度・耐水性・成型性が優れており、その特性を生かし防水層は軽量かつ強靭、耐熱性、耐食性、耐候性に優れてるのがFRP防水です。出来上がった防水層は継ぎ目のないシームレスな層となり、優れた防水性能を発揮します。塗膜の硬化速度が速いため、何層も塗り重ねる仕様でも1日で施工を完了させることが可能です。

FRP防水工事(密着工法・通気緩衝工法)新設工事例
FRP防水工事(密着工法・通気緩衝工法)新設工事例
FRP防水工事(密着工法・通気緩衝工法)改修工事例
防水工事の見積り・問い合わせは電話072-361-5434(日総)または調査依頼フォームからご連絡ください