防水工事の主な種類

塗膜(とまく)防水

塗膜防水の特徴

液状の樹脂や合成ゴムなどを下地に塗ったり、吹付したりすることにより膜を作り硬化させる工法。継ぎ目のないシームレスな防水層を形成できるため防水性が高く、複雑な形状にも対応できます

塗膜防水の材料

ウレタンゴム系、FRP系、ポリマーセメント系など

FRP防水(塗膜防水の一種)

FRP防水の特徴

FRP防水は、液状の不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を加えて混合し、この混合物をガラス繊維などの補強材と組み合わせて一体にした塗膜防水です。出来上がりは継ぎ目のないシームレスな構造となります

FRP防水の材料

FRP塗膜防水材「ポルリーフ」の詳細はこちら→(双和化学産業株式会社さまサイトにリンクします)

アスファルト防水

アスファルト防水特徴

合成繊維不織布にアスファルトを含ませた防水用の建築材料を貼り重ねて形成する工法。場所や条件などによって熱工法・トーチ工法・冷工法などの工法を使い分けます

アスファルト防水の工法

熱工法、冷工法、冷熱工法、トーチ工法など

シート防水

シート防水特徴

液状の樹脂や合成ゴムなどを下地に塗ったり、吹付したりすることにより膜を作り硬化させる工法。継ぎ目のないシームレスな防水層を形成できるため防水性が高く、複雑な形状にも対応できます

シート防水材料

ゴムシート、塩化ビニールなど

その他工事

注入工事

注入工事の特徴

外壁、コンクリートの浮き部、ひび、漏水部などからの漏水や金属の腐食を防ぐため、浮き部やひび割れ部にエポキシ樹脂などの注入材を充填して隙間を埋め、剥離や脱落を防止する工法です

注入工事の材料

エポキシ系など

toiawase_b