モルタル外壁の通気工法「TAKOHO」

特徴

Ⅰ.TAKOHシート

1.優れた通気性

カップ状の凹凸がついたTAKOHOシートが、外壁内に通気層を形成。壁体内の結露や腐朽を防ぐことで、外壁の耐久性を大幅に向上するとともに、断熱性能も確保。

2.高い止水性

カップの形状を変えた事によりカップ独自の止水機能を向上させ、その下に施工されている透湿防水シートと共にダブルの雨水などの浸入を防止。

3.卵殻再生を使用し以前のシートと比較して地球温暖化ガスを9.1%の削減を実現。

Ⅱ.外壁クラック対策

モルタルは、軽量でクラック防止効果の高いラスモル(既調合軽量モルタルを使用。また、TAGネット(耐アルカリグラスファイバーネット)を全面に伏せ込むことにより一層クラックの発生を防止します。

Ⅲ.良好な施工性

TAKOHOシートを固定するだけで、胴縁・補助胴縁が不要で簡単施工になります。

Ⅳ.長期優良住宅対応

TAKOHOシートによる通気層と高い防水性により、長期優良住宅にも対応してます。

TAKOHOカタログ(PDF)

日総はTEL072-361-5434、またはフォームからお問い合わせください