TAGネット(ジルコニア入り耐アルカリグラスファイバーネット)

TAGネットは高ジルコニア・耐アルカリ性・耐酸性のガラス繊維を用いたネットです

なぜジルコニア(ZrO₂)入りが良いの?

耐アルカリ、耐酸性特性に抜群の補強効果維持

耐アルカリ・耐酸性特性
TAGネットをセメント飽和水溶液に200時間放置。アルカリ成分により縦糸と横糸の間の接着剤が溶解し、状態を維持することを確認しました。ジルコニアを繊維に練りこむことにより、繊維自体の耐アルカリ性が強化。補強効果を維持することができます。

ジルコニアはどのくらい入っているの?

TAGネットは高品質ジルコニア含有率16.5%

ジルコニア含有率と耐アルカリ性の関係

アルカリ性は、主にガラス中のジルコニア含有率によって左右され、ジルコニア含有率が高いほど、耐アルカリ性が増大します。図では、ジルコニアの含有率が15%以上になると、耐アルカリ性の指標である[耐アルカリ性重量減少率]が0.1%以下となり、重量が減りにくい、つまり浸食されにくいということがわかります。

TAGネット 規格表

※画像をクリックすると拡大表示されます
TAGネットの規格
TAGネット(耐アルカリグラスファイバー)は、独自の規格にて中国の委託工場で製造しています。

※ジルコニア(ZrO₂)の含有検査
<一般財団法人ボーケン品質評価機構>

※引張強さ・伸び率の検査
<一般財団法人ボーケン品質評価機構>

※1セット800本単位で別途オリジナル印刷が可能です

PDFカタログはこちら → TAGネットカタログ2014(PDF)

toiawase_k